ビジネススキル

仮説思考とは?網羅思考とは?違いを図解でわかりやすく解説

仮説思考と網羅思考
管理職 アドバイザー

こんにちは!

管理職歴20年以上、管理職アドバイザーのあきよしです!

あきよし

この記事はこんな人にオススメ

後輩君

仮説思考?網羅思考?どんな違いがあるんだろう!?

今回はこのような悩みを解消するための記事になっています。

後輩君

どちらも問題解決の手法ですよね?

そうだよ!中身は全然違うけどね!!

あきよし
  • 仮説思考:発生した問題に対して原因の仮説をたて、それを立証していく思考
  • 網羅思考:できるだけ多くの情報を収集し、それをしっかり分析したうえで答えを出す思考
後輩君

ちょっとよくわかんないです …

そっかw

じゃあ図を使ってもっと分かりやすく解説するね♪

あきよし

記事を読むメリット

「仮説思考」と「網羅思考」の違いについて簡単に学べる

約1分で読める記事になってるよ♪

ぜひ最後までお付き合いください♪

仮説思考と網羅思考の違い

日々生活していると大小関わらず問題に直面することがあります。

その問題の要因は決して1つではなく、様々な要因が複雑に絡まって浮き出た問題であったりします。

そして人はその問題を解決するために何らかの思考を張り巡らせます。

その思考の主な2つが「仮説思考」と「網羅思考」だよ♪

あきよし
後輩君

どっちがオススメとかあるんですか?

オススメはスピーディに解決できる「仮説思考」だよ♪

あきよし

▼ スポンサーリンク ▼

GREEN BROTHERS

仮説思考とは?

仮説思考ではまず、この問題が起きた原因はこれなんじゃないか?という仮説を立てます。

そしてその仮説に関係する要因だけを解析していきます。

そしてその仮説が正しくなければ、また次の仮説を立てて要因を解析していきます。

このイラストでは3つあるカギの中でとりあえずAのカギが正解だと判断し、その周りの爆弾だけを処理しています。

上手いこといけば10分×3個の30分で片付きます。AがダメでBに移行しても合計10分×6個の60分、最悪Cになっても80分で済みます。

このように最初の仮説が外れたとしても大幅に遅れるということはありません。

そもそも仮説が外れていれば、仮説を肯定する情報が集まらないので、爆弾を3つ処理しなくても次の仮説に移行することになるでしょう。

網羅思考とは?

何か問題が発生した時は様々な要因が考えられます。

その要因を1つ1つ順番に細かく解析すればきっと求めている答えに到達することはできるでしょう。

しかしそれでは途方もない時間が掛かってしまいます。

このイラストではカギを探すために爆弾の処理を片っ端から行っています。

1個消すのに10分かかるとしたら10分×8個で80分かかります。

この1つ1つをとことん解析する手法を『網羅思考』と言います。

仮説思考と網羅思考はどっちがいいの?

結論から言うと「仮説思考」だよ♪

あきよし

ビジネスにおいて網羅思考は致命傷と言われます。

やはり時間の制約がある以上、スピーディな解決がどうしても求められます。

このポイントがスピードの差を表しているよ!

あきよし

ポイント

網羅思考はいかに多くの情報を収集できるかに重きが置かれる

仮説思考はいかに多くの情報を捨てることができるかに重きが置かれる

後輩君

仮説思考のこと、もっと教えてください!

「仮説思考」の詳細と実践方法については下記リンクで説明するね!

あきよし

▼ 合わせて読みたい ▼

▼ スポンサーリンク ▼

漫画で分かるコミュトレ

管理人よりお礼の挨拶

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます!

これからも皆様のお役に立てるような記事をどんどんアップしていきますので末永くよろしくお願いします。

■■ ブログランキング参加中 ■■

もし今回の記事で少しでもお役に立てたことがありましたら、下のバナーをクリックしてブログランキング上位になるための応援をしていただけないでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
あきよし

皆様の1クリックが今後の励みに繋がりますのでどうかよろしくお願いします!

当ブログでは、この記事以外にも、

「ビジネススキル」

「職場の悩み解決」

「ビジネス必読書」

「加工技術資料」

の解説を行っています。

あきよし

是非他にもご覧ください!

▼▼ ONLINE SHOP みんなの工場長 ▼▼

-ビジネススキル
-, , , ,