職場の悩み解決

後輩ができた!若手社員、中堅社員の役割と心構えを簡単解説

若手社員中堅社員の役割
管理職 アドバイザー

こんにちは!

管理職歴20年以上、管理職アドバイザーのあきよしです!

あきよし

この記事はこんな人にオススメ

後輩君

入社3年目、後輩も増えてチームでの立ち回りが難しくなりました。

今回はこのような悩みを解消するための記事になっています。

後輩君

完全に迷子です。

そっかw

じゃあ、管理職目線で君たち若手社員に期待してることを教えるね♪

あきよし

記事を読むメリット

若手社員、中堅社員に求められることを知ることによって理想の社員になれる

この記事の前半では、若手社員、中堅社員に求められることについて、

後半では、具体的な実践方法を優しく噛み砕いて解説していきます。

約3分で読める記事になってるよ♪

ぜひ最後までお付き合いください♪

若手社員、中堅社員の役割とは?

多くの職場では新入社員から若手社員、そしてベテラン社員と様々な年代の人が一緒に関わります。

そしてそれぞれの年代によって期待されるスキル、要求される知識が変化してきます。

新入社員:コミュニケーション力、協調性、誠実さ、主体性、ビジネスマナー

ベテラン社員:若手の指導、職場の雰囲気の維持、多能工

後輩君

今年で入社3年目になるんですけど、仕事は一通り覚えたし、これからは何をしていけばいいんですかねぇ?

そっかぁ、もう3年目かぁ!それじゃあ、ここからはもう1ランク上の仕事をしてもらおうかな♪

あきよし

入社してから丸2年の実務経験をした入社3年目からの社員を若手社員、もしくは中堅社員と位置づけます。

そして求められることは…

若手社員に求められること

  • 新人、後輩の育成
  • 現場と管理職の架け橋
  • チームワークの強化
  • 主力となるための業務スキル向上

主に上記のことが求められます。

後輩君

わわっ!たくさんあるなぁ…

平気平気♪

一緒に見ていこう!

あきよし

▼ スポンサーリンク ▼

マジキャリ

若手社員、中堅社員の心構えと実践

新人、後輩の育成

3年目ともなれば後輩ができていることも多いでしょう。

自分が新入社員だった時を思い出してください。

ちょうど3年目くらいの先輩が話しやすく、頼もしく感じたことはなかったでしょうか?

後輩君

確かにすごく頼ってました!

次は自分の番だね♪

あきよし

常に後輩を気にかけ、困った時にはそっと手を差し伸べてあげましょう。

それでいて見本になるよう常に襟を正して仕事をしていきましょう。

そうすることで後輩と一緒に自分も成長していくことができます。

※ここで余談ですが…

私は必ず新入社員が入社したら、若手社員へ密かにミッションを下します。

あきよし

ミッション

新入社員の休憩時間を2日間サポートせよ!

実は新入社員のほとんどが仕事の時間よりも休憩時間のほうが居場所がなくてつらいことが多いのです。

新入社員の休憩時間の困りごと

  • どこで休憩すればいいのか?
  • 先輩の所に混ざって嫌がられないだろうか?
  • 食事はどの席で済ませばいいのだろうか?

たまに気を使わなくても全然平気な新入社員がいるのでその時はすぐ撤退させますが…

後輩君

ぎくぅっ!

▼ スポンサーリンク ▼

知り合ったばかりで共通の会話がない時は音楽の話題とかはいかがでしょうか?

楽天カード会員なら他社を凌駕する安さです!

楽天ミュージック

現場と管理職の架け橋

若手社員には現場と管理職の架け橋としての役割も求められます。

管理職の重要な業務の1つとして現場の声を吸い上げることがあげられます。

しかし新入社員や他の若手社員の中には、上司に自分が思っていることを直接言えない人がたくさん居ます。

後輩君

こんなこと言ったら怒られるかな?

とか考えちゃいます…

ですがその一方で、普段から近くに居てくれる先輩社員には素直に話すことができたりもします。

上司に現場の声を伝えるパイプ役としても活躍を期待されることでしょう。

チームワークの強化

3年目にもなってくると、業務の全体像が見えるようになってきます。

自分の任された業務も時間通り、計画通りに進むようになっていることでしょう。

後輩君

ふふ!完璧!!

しかしまだ業務に不慣れな新入社員はそうはいきません。

またトラブルが発生して業務に支障をきたしている社員も中にはいるでしょう。

その状態を上司に言われなくても見極め、率先してフォローに回ることがとても重要です。

そうすることによって助け合いの雰囲気が広がり、チームワークの良い職場が生まれていくでしょう。

よく「自分のことは自分でやれ!」という方を見かけますが、チームワークの観点で見るとあまり思わしくありませんので注意しましょう!

主力となるための業務スキル向上

ここまでは後輩のため、現場のための立ち回りの話ばかりでしたが、若手社員は自分の昇格も視野に入れておかなくてはいけません。

特に問題解決のスキルや問題提起、またチームの活動報告など先頭に立つに相応しいスキルが必要になってきます。

ここからは若手社員が次のステップに進むために身に着けておいたほうが良いスキルを3つ紹介しましょう。

身に着けておくべきスキル

  • 論理的思考力(ロジカルシンキング)
  • 数字での表現
  • 伝える力

詳しい中身はコチラで紹介!

あきよし

▼ 合わせて読みたい ▼

後輩君

どれも大切だぁ!

まとめ:若手社員に求められること

じゃあ最後にまとめるよ!!

あきよし

新入社員を卒業した若手社員、中堅社員が果たす役割は以下の通り!

  • 新人、後輩の育成
  • 現場と管理職の架け橋
  • チームワークの強化
  • 主力となるための業務スキル向上

1番から3番はチームのため、4番は自分の将来のため!

あきよし
後輩君

やるべきことが見えてきましたー!

それは良かった!頑張ってチームを盛り上げてね♪

あきよし

▼ 合わせて読みたい ▼

▼ スポンサーリンク ▼

コミュトレ

管理人よりお礼の挨拶

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます!

これからも皆様のお役に立てるような記事をどんどんアップしていきますので末永くよろしくお願いします。

■■ ブログランキング参加中 ■■

もし今回の記事で少しでもお役に立てたことがありましたら、下のバナーをクリックしてブログランキング上位になるための応援をしていただけないでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
あきよし

皆様の1クリックが今後の励みに繋がりますのでどうかよろしくお願いします!

当ブログでは、この記事以外にも、

「ビジネススキル」

「職場の悩み解決」

「ビジネス必読書」

「加工技術資料」

の解説を行っています。

あきよし

是非他にもご覧ください!

▼▼ ONLINE SHOP みんなの工場長 ▼▼

-職場の悩み解決
-, , , ,