運営者情報

運営者情報

運営者あきよし
メールアドレスarimax0421@gmail.com

運営者プロフィール

理想の上司とは…

あきよし

皆さんこんにちは!

【管理職のバイブル】を運営している、あきよしと申します。

相棒の後輩君です。

後輩君

皆さんにとって、理想の上司とはどういった人物像が思い浮かぶでしょうか?

きっと人によって想像する人は違うでしょう。

私はとても単純です。

『部下からも上司からも愛されて、どんな問題もすぐに解決するヒーロー』

こんな人居ないよと思ったかも知れません(笑)

正直思いました。

後輩君
あきよし

でも私はヒーロー上司になりたい!

なぜそう思うようになったか?

世間知らずの過去…

私は関西出身で20歳の時に東京の派遣会社の正社員に就職しました。

その会社に就職すれば、ワンルームマンションを借りてくれて一人暮らしができるという話でした。

一人暮らしに憧れていた私はあまり深く考えず就職を決めました。

あきよし

一人暮らしできるなら何でもいいや!って思ってました。

そして入社式の日に紙が1枚渡されました。その紙に書いていたのは…

『派遣先:東京都』

あきよし

いきなりそんな遠くへ行くの!?

でも、めっちゃ大当たり!!

急遽一人で東京に引っ越すことになりましたが、それでも最初は胸をときめかせていたのを今でも覚えています。

そして東京に着いて用意されていたワンルームマンションに意気揚々と向かいました。

しかしその場所にあったのは、ワンルームマンションではなく古いアパートでした。

「・・・・」

さらにその時の管理職の方に同じ境遇の人を紹介されました。

「今日からこの子も一緒に住むからよろしくね」

「・・・・」

東京のワンルームマンションで一人暮らしのはずが、古いアパートで知らない人と2人で暮らすことになったのです。

「会社って嘘をつくのか…」

世の中の怖さを初めて知りました。

東京で私を待っていたのは家で気を遣い、外で気を遣うハードな生活だったのです。

ひどい…

後輩君

色々な人との出会い

肝心の仕事のほうは、派遣会社の正社員とは言いながら扱いは結局ただの派遣社員。

あきよし

派遣先の会社で現場仕事に従事しました。

ただこれが私にとって悪いことばかりではありません。

派遣先は全て一部上場の一流企業ばかりで、それぞれで約1年~4年ほど常駐させていただきました。

そしてそれぞれでたくさんの出会いがあったのです。

あきよし

元々私は関西出身で人当たりは良いほうです。

自分で言った!

後輩君

なので溶け込むのは早く、各企業の方々にたくさん可愛がっていただきました。

そこで色々な管理職の方にも指導していただいたのですが、当然ながら管理職の方によってタイプが全然違いました。

もどかしい気持ち

「この管理職の方は話しやすいなぁ…

「この管理職の方は相手によってコロコロ態度を変えるなぁ…

「なんてこの人は横柄なんだろう…」

そうやって色んな管理職の方を見ていくうちに、

「もっとこういう言い方をすればいいのに…」

「こうすれば皆のやる気がアップするのに…」

などともどかしく感じるようになっていきました。

自分ならこの職場をもっと良くできる!

その思いが日に日に強くなっていったのです。

派遣会社に勤めていては使われるばかりだと感じ、一大決心をしました。

あきよし

派遣会社… 辞めます!!

新たな挑戦と失敗

いざ新天地へ

運よく次の仕事はすぐに決まりました。

たまたま募集が出ていた某大手企業の精密部品製造工場です。

ここの現場作業員として一から働くことになりました。

あきよし

いよいよ正社員!新天地!

気合い入ってますねぇ!

後輩君
あきよし

リーダーになって最高のチームを作るぞ!!

しかし蓋を開けてみたら職場のモチベーションは酷いものでした。

全員やる気がなく、ずっと誰かの悪口を言っている。

現場に配属されて、そこのリーダーに初めて言われたことを今でも覚えています。

「怪我してもいいけど絶対に機械は壊さないでね」

・・・・!?

えっ⁉ えーーーっ⁉

こんなこと絶対言ったらあかんやん!

あきよし

なかなかカオスな会社に入社してしまったと感じました。

いよいよ出番が…

いざ仕事が始まると、職場としてはかなり危険な状況でした。

大量不良をすぐ作る、それに気づかず次工程に流す、対策を立てても誰もルールを守らずまた失敗するという状態でした。

じ…地獄すぎる…汗

後輩君

全員社長室に呼ばれて社長直々に怒られたり、他の部署の人から業績が悪いのはお前たちの部署のせいだとも罵られました。

(まぁ間違ってはいない…)

そして入社2年目の時に転機がきました。

リーダーが暴走し、取り返しのつかない大失態をしたのです。

※ 10年以上経った今でも負の遺産として処理が続いています…

もうやめてあげて…汗汗

後輩君

工場長「リーダーやる?」

私「やります!」

ここでいよいよリーダー交代しました。

山あり谷あり

かなり最悪な状況からのスタートだったのですが、私にはここまで蓄積してきたノウハウがあります。

チームメンバーとコミュニケーションを取りながら新しいことにチャレンジして作業内容を1から作り直すことにしました。

しかしそれを良しとはしない非協力的な人も一定数居ました。

今までのやり方で慣れていて変化を嫌う人たちです。

必ずいますよねぇ。

後輩君

いくら説得しても全然やる気を出してくれません。

時には怒鳴ったりもしました (逆ギレされました ><)

どうやったら皆で力を合わせて頑張れるチームを作れるんだろうか…?

私は… 私は…

『部下からも上司からも愛されて、どんな問題もすぐに解決するヒーロー』

になりたい!!(ちょっと不純)

ヒーロー上司になるために…

ヒーロー上司になりたい、そう強く思い、自己啓発本を大量に読み漁り、数々のセミナーに参加して、相手の気持ちを理解するために心理学も勉強しました。

あきよし

今もバリバリ勉強中!

そしてそれを職場で実践していきながら分かったことがあります。

これは『技術』です。

言葉のチョイス、話す時の雰囲気、話すスピード…

これらを相手の心を読みながら変化させて惹きつけていくのです。

このスキルを身に着けたことにより、言うことを聞いてくれなかった人も丁寧に将来のビジョンを説明することによって、徐々に理解してくれて協力してくれるようになりました。

現在の私の職場は先輩も後輩も皆が支え合い、助け合いながら前向きに改善を行う自慢のチームになっています。

某大手企業のQC発表全国大会でも銅賞をいただきました。

更に会社の業績が大幅に向上し、機械台数も当時の4倍に膨れ上がり、私は大きな工場を1つ任せてもらうようになりました。

今はその工場をマネジメントしながら管理職アドバイザーとして自社の管理職候補の育成や、新人教育、現場の仕組みづくり、関係会社の現場の指導などもおこなっています。

社会で活躍する全ての皆様へ

私が実践で学んできたこの技術を公開することによって、ストレスが溜まりやすいこの世の中で一人でも多くの方が、充実した楽しい日を過ごせればと思い、ブログという形で公開することにしました。

それが私のできる、社会への貢献とお世話になった皆さまへの恩返しとなります。

そしてどうせなら人間関係だけでなく、職場全体の業績の上げ方や仕組みの作り方も公開していきたいと思います。

あきよし

今後とも一緒に成長できるよう、応援宜しくお願いいたします!

目指せストレスフリー!

目指せヒーロー管理職!