加工のバイブル

剛性とは?剛性が高い機械と低い機械の違いをわかりやすく解説!

剛性
金属加工 スペシャリスト

こんにちは!

現役バリバリ金属加工のスペシャリスト、あきよしです!

あきよし

この記事はこんな人にオススメ

後輩君

機械の剛性って何ですか?

今回はこのような悩みを解消するための記事になっています。

1分で読める記事になってるよ!

是非最後までよろしくお願いします!

剛性とは何か?わかりやすく解説

機械の剛性とは
後輩君

せんぱーい!

加工したら仕上がり面がビっちゃいました!

あぁ、その機械、剛性が低いからね!

もう少し優しく削ったほうが良いよ♪

あきよし

このような経験はあるでしょうか?

加工の仕事をしていると、よく耳にする剛性。

意外とちゃんとした意味を知らない人も多いのが特徴です。

ちゃんとした意味はこれ♪

あきよし

曲げやねじりに対する変形のしにくさ

目で見ても分かりませんが、どのような物質も外から力が加われば変形をします。

その力に対する変形のしづらさの指標を「剛性」と言います。

後輩君

なるほど…

でも、別に加工中に機械に外から力なんて加えてませんよ!

旋盤をはじめとする工作機械は、見た目ではわかりませんが、加工中に以下のような力が加わります。

加工中に機械に加わる力

  • 切削時に発生する切削抵抗
  • 自重による負荷
  • 主軸の回転によるねじれ
後輩君

っということは、剛性が高いとか低いとかは…

剛性の高い機械と低い機械の違いとは?

一般的に、剛性が高い機械と低い機械の違いは、

剛性の解説

  • 剛性が高い:外の力に対して変形が小さい
  • 剛性が低い:外の力に対して変形が大きい

工作機械の変形が大きい場合は当然精度の高い製品は作れません。

なので「剛性」は工作機械を選ぶ時の重要な指標とも言えるでしょう。

後輩君

「剛性が高い機械」の特徴ってなんですか?

剛性の高い機械の特徴は?

■ 重量が重い

やはり機械そのものの重量が重いと安定感が増し、振動に強くなって剛性が上がると言えるでしょう。

■ 設計が頑丈

図は、スター精密が売りにしている、通称“蟻溝”と呼ばれる台形のすべり面を配した“スラント型すべり案内面構造”です。

固定部と移動部が面で接しているため、切削時の振動を抑制し、高精度加工を実現することができます。

まとめ:剛性とは?剛性が高い機械と低い機械の違い

剛性は設備の購入を検討する時にとても重要な項目になります。

いくら素晴らしい機能が付いた設備でも、剛性が低いと高精度の製品を加工することができません。

ぜひ設備の購入を検討する際は、工作機械メーカーの方の話をよく聞いて、購入の判断材料にすることをオススメします。

剛性の高い設備で高精度な加工を実現しよう♪

あきよし

▼ 合わせて読もう ▼▼

▼ ONLINE SHOP みんなの工場長 ▼

あきよし

オンラインショップを立ち上げました!

是非お立ち寄りください。

※ コロナ禍対策で社内研修を強化したい方にオススメ!

管理人よりお礼の挨拶

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます!

これからも皆様のお役に立てるような記事をどんどんアップしていきますので末永くよろしくお願いします。

■■ ブログランキング参加中 ■■

もし今回の記事で少しでもお役に立てたことがありましたら、下のバナーをクリックしてブログランキング上位になるための応援をしていただけないでしょうか?

皆様の1クリックが今後の励みに繋がりますのでどうかよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

当ブログでは、この記事以外にも、

「ビジネススキル」

「職場の悩み解決」

「ビジネス必読書」

「加工技術資料」

の解説を行っています。

あきよし

是非他にもご覧ください!

金属加工 スペシャリスト

-加工のバイブル
-, , , , ,